札幌英会話

10の使いやすい英語の諺

何の言語でも、単語と文法以外にユニークなポイントがある。自分の経験だと、日本語では擬音語(ガタガタとかゴロゴロとか)。英語では諺の多さと使い方がこれに当たると思う。英語には25,000以上の諺があって、日本語の擬音語みたいにたくさん使う。こんなにあるのに、どこから勉強を始めたらいいのか?まず、10の使いやすい英語の諺を紹介しよう。

意味:「災い転じて福となる」

例文:“After breaking up with her boyfriend of 5 years, she met her husband. The breakup was hard, but it was a blessing in disguise.”

翻訳:5年付き合ってた彼氏と別れた後に夫に会った。別れた時は大変だったけど、災い転じて福となったよ。

意味:「遅れてもやらないよりはまし」「遅れても来ないよりはまし」

例文:“My birthday was 3 months ago, and my parents just gave me a present. Better late than never, I guess.”

翻訳:誕生日は3ヶ月前だったけど、今になって両親がプレゼントをくれた。遅れてもないよりはましかな。

意味:「手抜きをする」

例文:“The plumber cut a lot of corners, creating a bad result.”

翻訳:配管工が手抜きをしすぎて、悪い結果を招いた。

意味:「とりあえず信じてみる」

例文:“I’m not happy with the new boss, but I’ll give him the benefit of the doubt.

翻訳:新しい上司がイマイチだけど、とりあえず信じてみる。

意味:「我慢の限界」

例文:“He’s let me down so many times, but this is the last straw.”

翻訳:彼には何回もガッカリさせられたけど、もう我慢の限界。

意味:「簡単にいうと」

例文:“To make a long story short, after a long discussion, we decided to move the company.”

翻訳:簡単にいうと、話し合った結果、会社を移転することにした。

Out of hand

意味:「収拾がつかなくなって」

例文:“Before things get out of hand, the referee should stop the game.”

翻訳:収拾がつかなくなる前に、審判が止めるべきだ。

意味:「噂をすれば」

例文:Speak of the devil. Here she is.”

翻訳:噂をすれば、ほら、彼女だ。

意味:「半信半疑で聞く、疑ってかかる」

例文:“He doesn’t always mean what he says, so I take it with a grain of salt.”

翻訳:彼はいつも本音で話す訳じゃないから、僕は半信半疑で聞いてます。

意味:「死んでも~したくない」

例文:“I wouldn’t be caught dead at that restaurant. It’s horrible.”

翻訳:死んでもあのレストランには行きたくない。最悪だから。

学校での英語 vs. 英会話教室

日本の多くの学校では、小学3年生から英語の授業が始まる。若いころに英語を始めると英語の発音がよくなり、英語に対する興味が増える。多人数での英語の授業でもリーディング、ライティング、リスニングの向上はできるけど、会話の勉強は難しい。それで最近英会話教室が流行ってる。でも、学校の英語と英会話教室では何が違うの?

学校での英語

学校の主な目的は試験の準備と大学への入学。試験の結果が大事なので、授業はそれに集中する。多くの試験では最近授業で習ったことが出て、おまけに日本語も使うので、英語のネイティブスピーカーが受けても合格できないこともある。合格するには試験のスキルと暗記が大事。英語での会話が得意な人でも試験が解けないこともある。

英会話教室

英会話教室は学校での英語とは、集中するポイントが全く違う。学校の試験の結果は関係ないけど、英語で会話することが大事。授業の人数が多いと練習ができないので、クラスはマンツーマンまたは最大5人までのグループレッスンが普通。英語の能力試験(英検, TOEIC, TOEFL, IELTSなど) のレッスンがある英会話教室もある。英会話教室でも試験対策ができる。だけど試験の勉強をして、いい点数を取れたということと英語で会話ができることとは違う。

どっちの方がいい?

2つが違いすぎて、比べられない。学校の英語は試験ためで、英会話は会話のため。大学に行きたい子供たちにとっては、学校の英語が大事。英会話は大学の入試対策にあまり焦点を当てていない。でも英語で会話をしたいなら、英会話教室の方がいい。

子供にとってはどっちがいいか?

未来へのとびらをあけたいなら、両方とも大事。学校の英語で文法、単語、リーディング、ライティングを伸ばして、英会話教室では会話を伸ばすことがベスト。

生徒様は教室ではマスク不要

いつもお世話になっております。英会話ネスのオルゲイト・スコットです。学校からのお知らせです。

教室ではマスク不要(マンツーマンとプライベートグループ限定)

新型コロナウィルス対策のため2020年から英会話ネスではマスクの着用をお願いしていました。現在、状況が改善され入院患者は減少し、感染状況もそれほどひどくありません。このことから本日よりマンツーマンとプライベートグループではマスクを不要とします。

人によって状況が違いますので、教師は従来通りレッスン中はマスク着用のままにします。マンツーマンまたは、プライベートグループの方には後日メールでマスク着用のアンケートを送ります。アンケートでは、教師のマスク着用を希望するかしないかをお答えてください。生徒様の意向にそって各クラスごとに対応します。

グループレッスンは他の生徒様と合同ですので、従来通りマスク着用のままでお願いします。

テーブルのアルコール消毒とテーブルの真ん中のシールドはこれまで通り継続します。

何か不安なことや質問がありましたら、遠慮なくご連絡下さい。

よろしくお願いします。

文法って、必要?

英語の教師って、多くの時間を文法の説明に使ってる。簡単に理解できる文法もあるけど、「どうして!?」と言われるような難しい文法もある。でも、目標が会話だったら、文法って必要?単語だけ習って、文章を作れないの?会話で使う表現の方が大事じゃない?文法の説明と何が大事なのかを見てみましょう。

文法って何?

文法は言語の構造。言語を建物に例えたら、文法は建物の柱。文章のどこにどの言葉を入れるとか、単語で説明しなくても文法で説明できる。柱がない建物は、部品の集まりに過ぎなくて、建物としては機能しない。

文法 vs 単語

言語を習っている人には、文法じゃなくて単語だけ習いたいと言う人が多い。よく考えたら、文章は単語集だね。でも、語彙が多くて、文法が少ないと話す能力を制限しちゃう。文法を知らないで過去、現在、未来のことをどうやって話す?物をどうやってくらべる?どうやって話を進める?何か求める?何かを依頼する?

条件法(If + 主語 + 現在形動詞, 主語 + 現在形動詞) を例に見てみよう!この文法を使うには色んな単語が必要。でも、この文法を知っているだけで、色んな話ができる。

Zero conditional grammar

文法を知ってると、単語をどこに入れたらいいかがわかる。それで天気、野球、家族、まあ、なんのトピックでも話すことができる。

会話での文法

会話をするのが目標だと「文法なんていらない」って言うのが簡単。要するに、よく使う表現と応答だけで会話ができるでしょう。こうやって英語を勉強する人もいて、悪くはないと思う。子供たちもこうやって英語を習う。でも子供たちはものすごい量の英語に触れていて、色んな表現を聞いて理解していく。

大人だと英語に接する時間に限界があることが多い。なのでよく使う表現、例えば「I don’t understand」は有用。でもこれを文法から習ったら「主語 + don’t/doesn’t + 動詞」で、もっと言えることが増える。例えば “I don’t ski” “He doesn’t like cheese” “They don’t travel” みたいに表現から勉強するのは、短い海外旅行にはいいかもしれないけど、英語を習うには余計に時間がかかる方法だと思う。

文法でよく間違えて、意味が変わる5つ

数える名刺・数えない名刺

I love dog: 犬肉が大好き → I love dogs: 犬が大好き

ed形容詞、ing形容詞

I am exciting: 私が楽しいです → I am excited: ワクワクしてる

英語の形容詞

Wifi free area: Wifiがない場所 → Free wifi area: Wifi無料

受動態、能動態

I cut my hair: 自分で髪を切った → I got my hair cut: 髪を切ってもらった

aとtheの違い

I ate the sandwich: その(あなたの)サンドを食べた → I ate a sandwich: サンドを食べた

文法は言語にとって大事なことだけど、短い海外旅行には必要じゃないかも知れない。旅行に使えそうな表現だけを習うのもいい。でも、「English speaker」になりたいなら、文法は不可欠。文法なしで英語を習うのは柱がない家を建てることと同じ。建てられないってわけ。

英語能力試験: どれがいいかな?

多くの人が英語の能力試験を受ける。日本で一番人気なのは英検、TOEIC、IELTS、TOEFL。一つ一つの試験をみると結構違いがあるけど、どれでも英語の能力を測れる。自分の能力を知りたい人もいれば、会社や学校に必要な人もいる。でも、どの試験を勉強したらいいの?

試験の違い

世界には色んな能力試験があるけど、日本では英検とTOEICが最も一般的。IELTSとTOEFLは日本であまり一般的じゃないけど、海外の学校に入学したい時に使われている。ちなみに私はパンデミックで人気になっているDuolingo Testも好き。
では、この5つの英語能力試験を詳しく見ましょう!

英検

実用英語技能検定(英検)は、日本の英語能力試験。初級の5級から始まって、上級の1級まで7レベルある。試験は2日間に分かれてる。一次試験はリスニング、リーディング、ライティング。これに合格したら、二次試験のスピーキング試験がある。4級と5級はスピーキング試験がないから、一次試験に合格したら終わり。

  • 料金:3,900円〜11,800円 (レベルが上がると料金も上がる)
  • 回数:年3回
  • 基準:合格・不合格
  • 時間:一次試験は50分〜2時間20分 (レベルが上がると時間も上がる)

TOEIC

アジアのビジネスでよく使う標準化された英語のテスト。TOEIC試験は2つのタイプがあるけど、普段は両方必要ではない。最も一般的なのは Listening & Reading Test。たまにSpeaking & Writing Test を要求する企業もあるけど、あまりない。どのレベルでも同じテストだから、初心者には TOEIC Bridge がおすすめ。

  • 料金:7,810円(listening & reading), 10,450円 (speaking & writing)
  • 回数:年10回
  • 基準:各テスト0から990まで (各セクション0から445まで)
  • 時間:2時間30分くらい

TOEFL

世界で最も広く受け入れられている英語の試験。第二言語の学習者が大学に入学するためによく使われてる。試験はスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングがある。試験はパソコンか紙を選択できるのがいいところ。自宅からでも好きな時に試験を受けられる!

  • 料金:約30,000円 ($245米ドル)
  • 回数:試験センターで年24回くらい
  • 基準:0から120まで (各セクション0から30まで)
  • 時間:3時間

IELTS

TOEFLと似ていて、世界で広く受け入れられている試験。2つの試験があって、希望する方を受ける。学問的な試験は第二言語の学習者が大学に入学するためによく使われている。一般的な試験は自分の英語能力を知りたい人におすすめ。試験はスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングがある。自宅から好きな時に試験を受けられる!

  • 料金:25,380円
  • 回数:試験センターで年48回くらい
  • 基準:1から9まで (各セクション1から9まで)
  • 時間:2時間45分

Duolingo Test

この大人気の言語アプリの試験はオンラインのみ。他の試験と違うのは、答えによって質問の難しさが変わること。最初の質問が簡単でも、どんどん難しくなる。試験はスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングがある。

  • 料金:約6000円($49米ドル)
  • 回数:いつでもできる
  • 基準:10から160まで 
  • 時間:1時間

自分に英語の試験が必要?

仕事や学校に必要じゃなかったら、必要じゃない。でも、英語の能力を確認したいと思っている人もいる。

1週間ごとに自分がどれぐらい上達したかを知るのは難しい。子供の時に身長が伸びたことと似てる。自分自身は背が伸びてないと思っているけど、背の高さを測ると伸びたことがわかる。英語の試験でどれぐらい上達したか知ることができる。

自分の英語能力を知りたいなら、どっちがいい?

まあ、みんな勉強のスタイルも違うし、試験のやり方も違うから、自分自身に合う試験がおすすめの試験だ。値段、便利さを考えて、会話能力の指標となる試験をしたかったら、Duolingo Testがおすすめ。Duolingo Test は好きな時間にできて、試験料がリーズナブル。スピーキングも入ってるから、会話能力がわかりやすい。

オンラインの試験が嫌だったら、TOEIC、英検、IELTSがおすすめ。この3つの中だったら、IELTSの一般的な試験が一番いいけど、値段が高い。もっと安い試験がよくて、1日で終わらせたかったら、TOEICがいい。2度の週末に時間があって、4技能のレベルを知りたいなら、英検がおすすめ。

英語の重要性

新しい言語を習うことは人気の趣味の1つだ。他の趣味と違うのは、外国語のスキルは実生活で使えることだ。外国語を話せたら新しい友達を作れて、自由に旅行できて、新しい文化を理解できて、就職の機会が増える。英語を習うのはいい趣味だけど、英語の本当の重要性は趣味じゃなく、「あなたの人生に必要なスキル」であることだ。

英語は偽りなくグローバル

新しい国を旅行して、現地語を話せるのはめっちゃいい。快適に旅行を楽しみながら、新しい文化を経験できる。でも、世界には7000以上の言語があって、訪れる国ごとに言語を習うのは無理。それなら世界の言語、英語を習うのが一番効率がいい。

英語は世界で最も広く使われている言語。世界で15億人が英語を話していて、それは世界中の人の5分の1に当たる。そのうち3分1だけがネイティブ。英語と言うとイギリスやアメリカのイメージがあると思うけど、世界で67カ国が英語を公用語としている。でも、これには第二言語で英語を勉強してるほとんどのヨーロッパやアジアの国が入ってない。例えば、日本語を話せない人と会話をするなら、英語で会話をする可能性が高いだろう。

新しい友達を作れる

日本でも色んないい友達を作れるけど、世界の人口の1.7%しか日本に住んでない。日本語しか話せないのは新しい人と出会う可能性を制限することになる。それだけじゃなく、英語のグルーバルさは、もっと多様な人たちと出会えるチャンスをくれる。違う文化の人たちと出会うのは、違う文化を理解することに繋がる。

英語ありの旅行は自由

英語能力は海外旅行に大きな影響を与える。英語で話せることは、旅行先でできることを広げる。ホテル、ツアー、交通手段などは、ほとんどいつも英語のオプションがある。日本語しか話せないと言うことは、あなたの可能性を制限すること。英語は世界を知る機会を広げる。

英語=知識

英語が世界中で最も使われる言語であるということは、多くの情報は英語で書かれているということ。インターネットと科学記事の50%以上は英語で、それ以外のほとんどの分野も同じ。例えば、Wikipediaを見てみよう。英語のページだけを見たら、5600万ページもあるけど、日本語のページは400万。これを比べると英語なら10倍以上の情報があると言うこと。多くの医療関係者が英語を勉強するのは、最先端の情報や知識を得るためでもあるそうだ。

就職、昇進の機会の増加

最近、英語が話せる会社員が増えてる。英語が必要な会社や、英語を話せる人に給料を上げることもある。英語を話せる人は就職、昇進の機会がもっと多い。このグローバル化した世界では英語で会話をする可能性は毎年増えていて、10〜20年前と比べると全然違う。

色んな不規則な文法のルールや変なスペルがある英語は、一番いい言語ではないかもしれない。だけど、英語のグローバルさは否定できない。英語を習うのは時間がかかるし、エネルギーを使うし、心地よい居場所から何回も出ないといけない。面倒臭いと思うかもしれない。でも、英語はただの趣味じゃない。英語は自分自身の可能性を最大にできる、新しい機会のとびらを開ける、人生を変えることができるスキルだ。

2022年7月〜9月のスケジュール

Summer is here?

いつもありがとうございます。

今年は夏がなかなか来ないですね。暑かったり寒かったりですが、元気に過ごしていますか。

2022年7月から9月までのスケジュールは次のとおりです。

フェイスブックインスタグラムツイッターを使っている方がいらっしゃいましたら、フォローをしてくれたら助かります。もし良ければ、グーグルフェイスブックのクチコミにもご協力ください。

よろしくお願い致します。