「going to」と「will」の違いって?

英語では、未来の出来事を述べるためにさまざまな方法がある。その中で、「will」と「going to」という未来形が存在する。両方とも将来を指しますが、主なニュアンスは異なる。正しく使えば、ネイティブスピーカーに通じるが、英語圏ではない方には状況や伝えたいニュアンスによって使い分ける必要がある。では、どのように使い分けるのだろう?

「going to」と「will」の違い

「going to」と「will」を使おうと思う前に、その出来事をいつ決めたかを考えてみよう。前もって決まった予定なら「going to」を使います。逆に、まだ計画していないことや「~だろう」という予測なら「will」となります!これからもっと詳しく見てみよう!

「going to」と「will」の使い分けによって、相手に伝わるニュアンスが変わる

上記のように、両方の答えは同じ行為を指しているが、前から決まっているか、その時に決めたかというニュアンスが主に違う。Aの答えの場合、友達との外食の約束がすでに決まっていることを意味する。しかし、Bの答えではまだ約束がなく、これから友達に電話をして、会えるかどうかを確認するつもりというニュアンスがある。

上記の例文のように、「will」と「going to」という未来形が存在し、正しく使い分けることで、ネイティブスピーカーと同じような表現ができるようになる。しかし、適当に使ってしまうと相手には通じるが、間違ったニュアンスで伝わってしまうかもしれない。だから、未来形の話をする際は、いつ決めたかを考えてから話すことを心がけよう!