藤野

10の使いやすい英語の諺

何の言語でも、単語と文法以外にユニークなポイントがある。自分の経験だと、日本語では擬音語(ガタガタとかゴロゴロとか)。英語では諺の多さと使い方がこれに当たると思う。英語には25,000以上の諺があって、日本語の擬音語みたいにたくさん使う。こんなにあるのに、どこから勉強を始めたらいいのか?まず、10の使いやすい英語の諺を紹介しよう。

意味:「災い転じて福となる」

例文:“After breaking up with her boyfriend of 5 years, she met her husband. The breakup was hard, but it was a blessing in disguise.”

翻訳:5年付き合ってた彼氏と別れた後に夫に会った。別れた時は大変だったけど、災い転じて福となったよ。

意味:「遅れてもやらないよりはまし」「遅れても来ないよりはまし」

例文:“My birthday was 3 months ago, and my parents just gave me a present. Better late than never, I guess.”

翻訳:誕生日は3ヶ月前だったけど、今になって両親がプレゼントをくれた。遅れてもないよりはましかな。

意味:「手抜きをする」

例文:“The plumber cut a lot of corners, creating a bad result.”

翻訳:配管工が手抜きをしすぎて、悪い結果を招いた。

意味:「とりあえず信じてみる」

例文:“I’m not happy with the new boss, but I’ll give him the benefit of the doubt.

翻訳:新しい上司がイマイチだけど、とりあえず信じてみる。

意味:「我慢の限界」

例文:“He’s let me down so many times, but this is the last straw.”

翻訳:彼には何回もガッカリさせられたけど、もう我慢の限界。

意味:「簡単にいうと」

例文:“To make a long story short, after a long discussion, we decided to move the company.”

翻訳:簡単にいうと、話し合った結果、会社を移転することにした。

Out of hand

意味:「収拾がつかなくなって」

例文:“Before things get out of hand, the referee should stop the game.”

翻訳:収拾がつかなくなる前に、審判が止めるべきだ。

意味:「噂をすれば」

例文:Speak of the devil. Here she is.”

翻訳:噂をすれば、ほら、彼女だ。

意味:「半信半疑で聞く、疑ってかかる」

例文:“He doesn’t always mean what he says, so I take it with a grain of salt.”

翻訳:彼はいつも本音で話す訳じゃないから、僕は半信半疑で聞いてます。

意味:「死んでも~したくない」

例文:“I wouldn’t be caught dead at that restaurant. It’s horrible.”

翻訳:死んでもあのレストランには行きたくない。最悪だから。

学校での英語 vs. 英会話教室

日本の多くの学校では、小学3年生から英語の授業が始まる。若いころに英語を始めると英語の発音がよくなり、英語に対する興味が増える。多人数での英語の授業でもリーディング、ライティング、リスニングの向上はできるけど、会話の勉強は難しい。それで最近英会話教室が流行ってる。でも、学校の英語と英会話教室では何が違うの?

学校での英語

学校の主な目的は試験の準備と大学への入学。試験の結果が大事なので、授業はそれに集中する。多くの試験では最近授業で習ったことが出て、おまけに日本語も使うので、英語のネイティブスピーカーが受けても合格できないこともある。合格するには試験のスキルと暗記が大事。英語での会話が得意な人でも試験が解けないこともある。

英会話教室

英会話教室は学校での英語とは、集中するポイントが全く違う。学校の試験の結果は関係ないけど、英語で会話することが大事。授業の人数が多いと練習ができないので、クラスはマンツーマンまたは最大5人までのグループレッスンが普通。英語の能力試験(英検, TOEIC, TOEFL, IELTSなど) のレッスンがある英会話教室もある。英会話教室でも試験対策ができる。だけど試験の勉強をして、いい点数を取れたということと英語で会話ができることとは違う。

どっちの方がいい?

2つが違いすぎて、比べられない。学校の英語は試験ためで、英会話は会話のため。大学に行きたい子供たちにとっては、学校の英語が大事。英会話は大学の入試対策にあまり焦点を当てていない。でも英語で会話をしたいなら、英会話教室の方がいい。

子供にとってはどっちがいいか?

未来へのとびらをあけたいなら、両方とも大事。学校の英語で文法、単語、リーディング、ライティングを伸ばして、英会話教室では会話を伸ばすことがベスト。

生徒様は教室ではマスク不要

いつもお世話になっております。英会話ネスのオルゲイト・スコットです。学校からのお知らせです。

教室ではマスク不要(マンツーマンとプライベートグループ限定)

新型コロナウィルス対策のため2020年から英会話ネスではマスクの着用をお願いしていました。現在、状況が改善され入院患者は減少し、感染状況もそれほどひどくありません。このことから本日よりマンツーマンとプライベートグループではマスクを不要とします。

人によって状況が違いますので、教師は従来通りレッスン中はマスク着用のままにします。マンツーマンまたは、プライベートグループの方には後日メールでマスク着用のアンケートを送ります。アンケートでは、教師のマスク着用を希望するかしないかをお答えてください。生徒様の意向にそって各クラスごとに対応します。

グループレッスンは他の生徒様と合同ですので、従来通りマスク着用のままでお願いします。

テーブルのアルコール消毒とテーブルの真ん中のシールドはこれまで通り継続します。

何か不安なことや質問がありましたら、遠慮なくご連絡下さい。

よろしくお願いします。