スピーキング

学校での英語 vs. 英会話教室

日本の多くの学校では、小学3年生から英語の授業が始まる。若いころに英語を始めると英語の発音がよくなり、英語に対する興味が増える。多人数での英語の授業でもリーディング、ライティング、リスニングの向上はできるけど、会話の勉強は難しい。それで最近英会話教室が流行ってる。でも、学校の英語と英会話教室では何が違うの?

学校での英語

学校の主な目的は試験の準備と大学への入学。試験の結果が大事なので、授業はそれに集中する。多くの試験では最近授業で習ったことが出て、おまけに日本語も使うので、英語のネイティブスピーカーが受けても合格できないこともある。合格するには試験のスキルと暗記が大事。英語での会話が得意な人でも試験が解けないこともある。

英会話教室

英会話教室は学校での英語とは、集中するポイントが全く違う。学校の試験の結果は関係ないけど、英語で会話することが大事。授業の人数が多いと練習ができないので、クラスはマンツーマンまたは最大5人までのグループレッスンが普通。英語の能力試験(英検, TOEIC, TOEFL, IELTSなど) のレッスンがある英会話教室もある。英会話教室でも試験対策ができる。だけど試験の勉強をして、いい点数を取れたということと英語で会話ができることとは違う。

どっちの方がいい?

2つが違いすぎて、比べられない。学校の英語は試験ためで、英会話は会話のため。大学に行きたい子供たちにとっては、学校の英語が大事。英会話は大学の入試対策にあまり焦点を当てていない。でも英語で会話をしたいなら、英会話教室の方がいい。

子供にとってはどっちがいいか?

未来へのとびらをあけたいなら、両方とも大事。学校の英語で文法、単語、リーディング、ライティングを伸ばして、英会話教室では会話を伸ばすことがベスト。

学校での英語 vs. 英会話教室 Read More »

無料で教室外でスピーキングを上達させるための5つの助言

教室外でスピーキングを上達させるのは難しい。英語が話せる人が聞いてくれて、間違いを直してくれることが必要。もちろんレッスンでは先生がこれをやってくれるけど、レッスンの時間が短かすぎてそんなにたくさんは話せない。信じられないぐらいの金額をレッスンに使うより、無料のサービスも活用するといい。下は無料で教室外でスピーキングを上達させるための5つの助言。

無料で教室外でスピーキングを上達させるための5つの助言

1. 言語交換

英語のネイティブが無料で手伝ってくれるのはクレイジーだと思うでしょう?でも、そんなにクレイジーじゃないよ。世界中の街に「言語交換」という日本語のネイティブを探している英語のネイティブがいる。言語交換で半分の時間は相手と英語で話して、残りの半分は日本語で会話する。言語交換に興味があるなら、交換パートナーまたは、交換イベントを探す。

交換パートナーが欲しいなら、インターネットで探せる。大きい街だったら、公民館や国際プラザにもあるかも知れない。インターネットだとMyLanguageExchangeFacebookHello Talkで探せる。いいパートナーを見つけたら、自分達のスケジュールに合わせて、言語交換ができる。いい関係を築いたら、自分の自信と流暢さが増して、会話がどんどん楽になる。

交換イベントは、まず自分の街で探そう。Googleで「language partner (街の名)」で探してみよう。イベントではいろんな人が集まって、英語と日本語で言語交換する。こうすると街の人たちにも会えてすごく楽しい。

英語は世界で最も広く使われている言語。世界で15億人が英語を話していて、それは世界中の人の5分の1に当たる。そのうち3分1だけがネイティブ。英語と言うとイギリスやアメリカのイメージがあると思うけど、世界で67カ国が英語を公用語としている。でも、これには第二言語で英語を勉強してるほとんどのヨーロッパやアジアの国が入ってない。例えば、日本語を話せない人と会話をするなら、英語で会話をする可能性が高いだろう。

2. 読む

ちょっと待って。これはスピーキングを上達させるための5つの助言じゃなかったの?そうだけど、英語を読むことは単語や、文法理解、文の構造を上達させる。スピーキングにめっちゃいい。オンラインで色んなジャンルの無料読書ができる。

BreakingNewsEnglish: 英語を勉強している人たちのために、主要新聞から要約した最新のニュース。普通の新聞より何倍も簡単で、中級レベルから大丈夫。読み終わったら、単語と理解度の質問があって、答えもある。

MyEnglishPages: 膨大なコレクションで、色んなトピックがある。自分に合うトピックを見つけるのが無理なくらいたくさんある。一部の読み物には理解度を測る質問と答えがある。悪いポイントの1つは読み物がレベルごとに分れてないから、探しずらいこと。

Rong-chang.com: 色んなトピックがあって、レベルごとに分かれてるから使いやすい。読み物の音声版もあるから、読みながら発音を聞くのがめっちゃいい。一部にはビデオもあって、話がわかりやすい。

3. 映画をみる

え?映画をみるのが勉強なの?そうだよ。英語の映画をみるとリスニング能力に一番いいけど、スピーキングにもめっちゃいい。映画の英語はネイティブのスピードや、発音、ことわざを使うから、英語の耳が鍛えられる。そうすると英語の頭も鍛えられて、話す時にちゃんと発音ができるようになる。

英語で映画を見る時に気を付けることがある。まず、日本語の字幕は禁止。日本語字幕を見ると、英語の耳を鍛えることじゃなくて、映画の内容を理解する事にフォーカスしてしまう。もちろん、映画の内容がわかったほうがいいけど、英語の勉強のために見るならそれはあまり関係ない。決まり文句を理解するくらいでちょうどいい。2つ目は、全ての言葉を理解する必要はないこと。少し変かも知れないけど、一つ一つの言葉が大事なわけじゃない。決まり文句を理解すれば、一つ一つの言葉がわからなくてもいい。

4. 自分の発音を録音する

みんな自分の声を聞くのが嫌いでしょう?でも、録音して自分で聞くのは、発音にめっちゃいい。ネイティブじゃなくても、いい発音と悪い発音を聞き分けられるけど、自分が話してる時には聞けない。だから、自分の発音を録音して聞いたら、発音のよくないところを知ることができる。

5. 友達を作る

この中で最もいい方法は、英語を喋る友達を作ること。これは外国の方を探して「友達になて!」ということじゃない。それをしたら、友達じゃなくて、めっちゃ変な人だと思われて逃げられちゃう。でも、英語を話せるチャンスを利用すると、友達になれる時がある。例えば、レストランや、スーパー、公園とかで会話するのがいい。会話の切り出し方は日本語と変わらないから、考えすぎないで。

自分自身が日本に住んでいる外国人なので、この3つはしない方がいいと思うこと:

  • 急に「Where are you from?」で会話を始めること。興味があるのはわかるけど、「お前は日本人じゃない!」とも取れるから、いきなり言わない方がいい。
  • 英語を練習するためだけに会話すること。日本に住んでいる多くの外国人は仕事で英語を教えている。仕事が終わって、居酒屋でビール飲もうと思っている外国人に、「無料で英語教えくれ!」という態度を見せるのはやめた方がいい。
  • 和製英語を使わない。和英語を使うと凄く紛らわしい。ネイティブは和英語を聞くと意味がわからなくて、会話が進まない。

日本人と普通に会話するように考えた方がいい。

もちろん、一番いい方法は、会話してスピーキング能力を向上させることだ。でも、この5つの助言を実行すると、「英語のみ」の状況になった時にすぐ対応できるようになる。自分の英語に自信を持って話し、共感を得られるようになる。聞き取る時間が短くなって、会話が進む。「練習は完璧を作る」と言うように、上達するにはたくさんの練習が必要!

無料で教室外でスピーキングを上達させるための5つの助言 Read More »